リボの罠に注意する

消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンの返済方法として定額リボルビング払いの制度を採用している業者はほとんどあります。そのリボルビング払いのメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

 

リボルビング払いのメリットは金額が一定額決められている事、一括払いとなれば利用した金額をとにかく支払ってしまわなければなりません。その点リボルビング払いは、例えば10万借り入れたらその返済は毎月5000円ずつ返してくれれば良いと言った感じで負担は大幅に軽減されます。

 

もう一つのメリットとして、支払い金額を変えられるメリットがあります。月々の返済金額が決められている分割払いとは違い、あくまで利息に対してではありますが、その返済金額を自由に変える事が出来ます。

 

例えば毎月10000円の定額払いとして、それにかかる利息が5000円の場合、大まかにはなりますがその利息分を返済すれば特にお咎めはなし、と言う理屈になります。しかしこれには応じていない業者もあるのでそこは注意が必要です。

 

デメリットとしては、返済がなかなか終わらないと言う事が挙げられます。支払い金額と支払い回数が決められている分割払いとは異なり、あくまでも支払い金額について定額払いのリボルビング払い、利息は日々加算されていくのでその返済がいつまで経っても終わった気がしないと言うデメリットがあります。

 

総量規制対象と対象外では必要な書類が違います

貸金業法で規制されている金融機関は、総量規制の対象になっています。一方、銀行は銀行法で規制されているため、総量規制の対象とはなっていません。総量規制の対象となっていない銀行のカードローンに申込む場合、おおむね利用限度額が100万円までであれば収入証明書は必要ありません。

 

提出する書類は本人確認書類だけで十分です。総量規制の対象となっている金融機関のカードローンの場合、利用限度額が50万円までか、他社の借入金をプラスして100万円までであれば収入証明書を提出する必要はありません。

 

本人確認書類だけで申し込むことができます。本人確認書類は、昔のように郵送をしたり店舗で提出する必要はありません。インターネットが利用できる環境にあれば、インターネットを利用して届ければいいだけです。

 

金融機関のWebサイトから本人確認書類の映像をアップロードすることもできれば、スマートフォンで本人確認書類の映像を撮影し、それをメールに添付して送ることもできます。

 

これなら、ほんの1分程度でできますから、審査がどんどんスピーディーになっているのも当然かもしれません。本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証などがおすすめです。