国籍とキャッシング条件

カードローンを利用できるのは日本人だけではありません。一定の条件を満たせば外国籍の方でもカードローンの審査に通ることができます。

 

外国の方が日本のカードローンを利用するための絶対条件は永住権を持っていることです。カードローン会社が一番恐れるのは利用者と連絡がつかなくなり回収不能に陥ることですが、海外に生活の拠点がある外国の方はそういった点で非常にリスクが高い借り手になります。

 

現実的に銀行や消費者金融は海外にいる相手に対して融資を回収する有効なルートを確立していない場合が多いです。しかもカードローンは小口融資ですから、1件にかけられるコストは限られており、外国まで追いかけて請求するルートがあったとしても採算がとれないという問題もあります。

 

永住権を持っているということは、日本に生活の拠点を置いてこれからも長く日本で暮らすということの証明になります。回収不能のリスクを大幅に減らすことができるラインとして、どのカードローンも永住権を持っていることを利用の最低条件に挙げているのです。

 

これに該当する外国の方は永住者(特別永住者)、日本人の配偶者などが主です。残念ながら就労ビザを取得して日本で働いているという方は、どれだけ日本での滞在日数が長くともカードローンを利用できないことに注意してください。

 

カードローンの審査とは

カードローンの申し込みを行う時、避けて通れないのが審査です。多くの金融機関や消費者金融で、仮審査と本審査の2段階のチェックをクリアする必要があります。まず、金融機関のWebサイトなどで申し込みを行います。

 

その後、申し込み時に入力した情報をもとに、まず仮のチェックが始まります。このチェックにクリアすると、必要書類などが送付されてくるので、より詳しい情報を記入し、返送します。これによって本来のチェックが始まります。申し込みをするとすぐ、本人確認のメールや電話が来ることがあります。

 

イタズラや子供など不適切な申込でないかを確認した後、やっと次のステップに進めるのです。これが終わらないと申し込み手続きはストップしてしまうので、できるだけすぐに応対できるよう準備しておきましょう。カードローン業者によって、様々な書類を送付してくる方法が異なります。

 

FAXやメール、郵送、などが主流ですが、最近ではアプリを利用する業者も多くなってきています。また、多くの場合で本人確認書類の添付が必要となります。

 

スムーズな手続きのためにも、事前に書類のコピーを取っておくなどして、早く書類を返送するようにしましょう。もし不明な点があれば、とりあえず送付してしまうのではなく、業者に確認すると良いでしょう。