おまとめローンは総量規制対象外

最近、テレビなどでも多くコマーシャルされている商品、それがおまとめローンです。高金利の借金を借りかえるという性質の商品ですが、おまとめローンにはメリットがいくつもあります。そのメリットのひとつに、総量規制の対象外であるということがあります。

ではそもそも、総量規制というのは何なのでしょうか。総量規制というのは、年収の3分の1を越える借り入れは出来ないというものです。消費者金融や信販会社、クレジットカードでのキャッシングなどが、その主な対象商品です。総量規制は、一時期問題となったこれらの商品による多重債務を防ぐために設けられた法律です。

もちろん、全ての規則に例外はあります。総量規制にも例外事項があったり対象外の商品があったりします。収入のない専業主婦は、配偶者の収入をみなし収入とすることができるという例外があります。

対象外の商品については、銀行の各種ローン商品などが挙げられますが、そのうちのひとつにおまとめローンがあるのです。

おまとめローンが対象外となる理由

おまとめローンの決断はお早めに

ではなぜ、おまとめローンは総量規制の対象外なのでしょうか。それは、おまとめローンによって利用者が被る不利益がないからです。おまとめローンを利用すると、大半のケースでは支払総額が減ります。支払回数も一本化されますので、返済も非常に楽となります。

総量規制は、利用者にとって不利益となることから利用者を守るための法律です。おまとめローンはむしろ、利用者にとって一方的に利益になることですので、法律で保護をしなくてもよい商品ということになっているのです。

おまとめローンの多くは、銀行から提供をされています。銀行の各種ローンは、おまとめローンでなくてもカードローンや住宅ローンであっても、総量規制の対象外です。しかし中には、消費者金融がおまとめローンを提供しているという事例があります。この場合はどうなるのでしょうか。

この場合、消費者金融が提供するおまとめローンであっても、総量規制の対象外となります。おまとめすることによって、消費者金融の商品であっても支払総額が減ることがほとんどですので、あえて保護する必要もないということです。

ただし、消費者金融のおまとめローンの傾向を見てみますと、銀行のおまとめローンよりは金利が高い傾向にあります。消費者金融としても、おまとめすることによって多額の元金となり、おまとめローンに適用する低い金利であっても、十分な利息収入が得られることから、最近力を入れています。